仮想マシンのVDIで業務を効率化しよう

今は企業ではVDIは一般的に運用されています。VDIは仮想サーバ上で動作するパソコンであり、自分専用のパソコンが無くても、インターネットに接続できれば、自分のパソコンにリモートで操作できる仕組みです。仮想サーバなので、通常のパソコンより故障率も少なく、セキュリティ対策も完璧なので、安心して使用できることから、多くの企業でも導入を進めています。例えば小さいお子様がいる人は、会社に出勤しなくても、自宅のパソコンからリモートで会社のパソコンに入れて、仕事できるようになります。会社で扱う仕様は秘密情報になりますので、個人のパソコンに保存できれば、そこから情報漏えいにもつながります。その点、VDIでは情報漏えいのリスクも制御でき、適切に使用することができるため、通勤時間もかからない為、とても仕事が効率化されます。

VDIによってデータの流出を防ぐことができる

パソコンで作業をするとき、ハードディスクに保存をします。ハードディスクはパソコン内にあることが一般的で、パソコン内では足りないときには、外付けのディスクなどに保存することになります。その他、USBメモリなどに保存することもありました。もし、重要なデータを保存したままパソコンを持ち出し、それが盗難にあったり紛失するとなると大変なことになります。そこで取られるようになったのがVDIです。これは、サーバ状の情報をクライアントに表示する仕組みになります。これまでは、パソコンのハードディスク上に、ソフト、データなどを保存していました。VDIでは、それらはすべてネットワーク上のサーバに保存されます。パソコンに保存されないので、持ち出してもデータは入っていません。端末は操作と内容を見るための道具になります。端末の負担も減ります。

VDIなら統一システムの入れ替えがスムーズ

パソコンには、OSであったり、業務ソフト、セキュリティソフトなどを保存することがあります。会社であれば、企業内で統一的に利用するソフトなどをインストールすることもあります。OSなどでは、それぞれバージョンがあり、基本的には最新版を利用するのが良いとされます。個人で使うときにどのバージョンを利用するかは、それぞれの判断で問題ありません。しかし、会社となると、統一性がないと問題になることがあります。OSが古くて脆弱性の問題が出たり、セキュリティソフトが更新されていないなどの問題も出てきます。VDIであれば、ソフトの管理などは個人で行いません。サーバから一括的に行うことができます。ですから、全社員に同じ環境で仕事をしてもらうことができます。個人にとっては、必ずしも自分の使いたいシステムが使えるわけではありませんが、会社のリスクを減らせます。