VDI・デスクトップ仮想化はこんなに便利

クライアントパソコンのデスクトップ環境を、サーバー上に移行して稼働させる技術がVDIです。企業内で多くのクライアントパソコンが利用されますが、OSやアプリケーションのアップデートを実施するために個別に対応するのが従来のやり方でした。管理・運用の人件費を削減するためにVDIは役立ちます。メリットの1つは、全てのクライアントパソコンのデスクトップパソコンの環境を、1つのサーバーに集約させることができますので管理・運用の手間を削減します。端末がユーザーに固定されず柔軟な運用を可能にします。また、デスクトップ環境を稼働させるために必要な主な処理は、ハイスペックなサーバーで処理しますので、端末側の負荷が激減します。ネット接続の機能と画面表示機能さえサポートしていれば、ほぼ全てのPCに接続可能となります。したがって、ローパワーのタブレットや古いパソコンを利用することもでき、コストメリットが大きいというのが特徴です。

VDI・デスクトップ仮想化のメリットとは何か

VDIが実用化レベルとなってきています。端末の個別のデスクトップ環境をサーバー上に集約する技術です。アイディアや概念は、古くからあり一部は実用化されています。コンピューターの処理能力の向上と、ネットワークの高速化によって、実用に耐えうるシステムが構築できるようになってきたのが話題となっている理由です。本格的に組織内のシステムに、VDI導入されることで大きなコストメリットをもたらします。クライアントPCの管理・運営を管理者が一元的に実施することで人的コストを低減します。また、負荷のかかる処理処理は、サーバーが受け持つことで端末側はロースペックのハードウエアで済むため、コストメリットが大きいというのも見逃せん。本来であれば処分対象となるような、古いパソコンや低性能のタブレットなどを利用することも可能です。

デスクトップ仮想化・VDIの動作のしくみ

新しいコンピュータプラットフォームとして導入事例が増えているVDIの概念を理解しておきましょう。デスクトップ仮想化と訳されるこの新しい技術は、各パソコンのデスクトップ環境をサーバー上に仮想的に構築します。いままでは、パソコン固有に限定されていたデスクトップ環境が、サーバー上に集約されることで任意の端末で固有の環境を利用することができるようになっています。端末側に必要なのは、ネットワークに接続する機能と、サーバーから受信したデータを表示する機能のみです。ストレージさえも不要となります。また、端末を選ばず古い性能の低いパソコンでも、タブレットでも問題なく利用できます。端末はユーザーの操作内容をサーバに伝え、画面を更新するための差分情報を受けるだけです。負荷のかかる処理はサーバーに全て任せます。セキュリティ上の問題から、データが消失するリスクについて、サーバー管理者が一元的に実施しますので安心です。