デスクトップ仮想化・VDIがもたらすメリット

VDIの概念は新しいものではありませんが、今になって企業に導入されるようになってきています。ハードウエアの性能アップ、ネットの帯域が広くなった結果、実用に値するパフォーマンスが提供できるようになったからです。シンクライアントとも呼ばれる方式であり、導入されることで得られるメリットには、セキュリティ対策が向上する、アクセスの自由度を獲得する、パソコンの管理が楽になる等があります。VDIの基本的な考え方は、本来、クライアント側で行っていた処理の全てをサーバー側が行います。クライアントは画面を更新するために必要な、差分情報だけを通信を介して受信するだけです。セキュリティ上、問題となる重要データが端末側に残らないため秘匿性が高まります。また、任意の端末からアクセス可能ですので、利用シーンが広がり利便性が向上します。また、端末側の性能は処理パワーが低い端末を利用できますので、導入コストを低減します。全ての端末の環境がサーバーに集約されますので、管理者の管理コストを低減することができるメリットがあります。

デスクトップ仮想化・VDIのメリットとデメリット

デスクトップ仮想化・VDIは、各端末のデスクトップ環境をサーバー側へ移行して、端末側の管理を簡素化することができる点にメリットがあります。主たる処理は、サーバー側が全て行い、端末側は通信と画面更新の処理だけを行います。端末側は低スペックの端末で対応可能であり、導入する際のコスト低減を図れます。管理側のメリットは大きく、一括管理できるため人件費の削減が実現できます。また、セキュリティ管理も容易となりますので導入メリットは多々あります。一方、VDI導入に伴うデメリットも忘れてはいけません。サーバーに高スペックが要求されます。一台で全てのユーザーのデスクトップ環境を処理する必要があるからです。集約率を高めることで、一人当たりに割り当てられるリソースが制限される場合があり、単独のクライアントパソコンで稼働させていた環境に比べて、著しく性能が低下する可能性があります。VDIで負荷の高いソフトウエアを稼働させた場合に、使用に耐えられない程、重い動作となる事例が報告されています。

VDIで働き方の多様性がアップ

VDIとはデスクトップ環境を仮想化することでサーバ上に集約した物を表します。クライアントの使用するコンピューターとサーバーをネットワークで接続します。サーバーでは仮想マシンに繋ぐことによって、デスクトップの画面を閲覧及び操作を行うことが出来ます。クライアント機のコンピューターからデスクトップの状況が切り離され、複数のサーバー機で操作できることにより、業務は大幅に効率化されます。また、ネットワークで繋がっていることから、クライアント機とサーバー機の物理的な距離は問題になりません。すなわち、自宅に居ながらにして会社にあるコンピューターの環境を使用することが出来ます。多様な働き方を実現するための役にも立ちます。さらにデータや情報はサーバー機ではなく、クライアント機に保存されます。そのため、サーバー機をウイルスで攻撃されたとしても、その被害は限定的な物です。