VDIはデスクトップ環境のサーバー稼働型方式

VDIはクライアントPCのデスクトップ環境をサーバーで仮想的に稼働させる方式です。デスクトップ仮想化基盤が注目されており、企業の導入実績が増えています。クライアントPCとデスクトップ環境を全く切り離すため、端末側の負荷が軽くなります。サーバ上でアプリケーションやOSの管理を、一元化することができますので、管理が容易になります。台数の多いクライアントPCの入れ替え時に発生する煩雑なセットアップ作業が不要となります。通信機能と画面表示の機能があれば、ロースペックのパソコンで十分動作するため、端末の導入コストが安く済むといったメリットがあります。端末側にはストレージも不要となり、機密データが端末に残る事もなく、セキュリティ上の安全性が増します。一方、サーバー一台で全ての端末のデスクトップ環境を集中的に管理・運用するため、大きな負荷がかかります。端末側に割り当てられるリソースが制限されますので、アプリのパフォーマンスが低下するなどのデメリットがあります。

VDIとシンクライアント方式の違い

シンクライアントと呼ばれる処理方式は、端末側が従来から行ってきているプログラムの処理、データの保存などの機能をサーバー側に持たせる処理方式の事を指します。クライアントパソコンのデスクトップ環境をサーバー側に集中させるVDIとの関係は、シンクライアントが上位概念です。VDIはシンクライアントアーキテクチャの一つに分類されています。VDIは画面転送型シンクライアントと呼ばれ、端末側からデスクトップ環境を離す事で、端末の負荷を軽減しています。サーバー側に一極集中させることにより、管理を容易にし、メンテナンスにかかるマンパワーを低減します。サーバーには、端末からの要求を処理をするために負荷がかかり、リソースを消費します。多くのデスクトップ環境をサポートするために、一台あたりに割り当てられるリソースには限りがあり、一部のアプリケーションを快適に動作させることができなくなるデメリットがあります。

VDIに注目が集まっている理由

いずれの会社組織でも、複数年おきくらいのペースでクライアントPCのいわゆるリプレースが実施されています。ちょっと前まではハードウェアをそっくりそのまま差し替えることが当然でしたが、近頃では事情が変わってきつつあります。クライアントPCを扱うのではなく、VDIを活用する会社組織が急激に増加しています。  既存のクライアントPCは、利用者にとって利便性が高いといえますが、会社組織にとっては多様な問題があります。ひとつの例として、クライアントPCはHDDに始まる部品のトラブルがよく見られます。HDDのデーターそのものを一定間隔でバックアップしないと、突発的に故障して重要なデーター自体が消え失せ、取り返しのつかないマイナスを被るおそれがありえます。  クライアントPC内のデータが記録保存されると、セキュリティ面でも危険性があります。仮にノートPCが盗れたり紛失すれば、機密情報が流出するかもしれません。ですからVDIに注目が集まっています。